ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

進化の証明 ダーウィンは間違っていたか?
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO

文=デビッド・クアメン 写真=ロバート・クラーク

LINE

19世紀の英国の生物学者ダーウィンの唱えた進化論はあまりに理論が壮大で、一部の人々には受け入れがたく、人類に当てはめると脅威に感じる人もいる。

LINE

 進化論は美しく、非常に説得力のある概念で、世界を理解するうえできわめて重要な意味をもつ。この理論を裏付ける証拠は豊富で多岐にわたり、博物館や本などで、誰でも簡単に知ることができる。進化論は、一部の人たちが信じるだけの仮説ではないのだ。

詳しくは本誌をお読みください。


該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 ダーウィンは生前から、キリスト教が信仰できなくなり、神の実在については不可知論者であることを公言していた。1882年4月19日にダーウィンがなくなると、遺族はそのなきがらを彼の子供たちの墓がある故郷の教会墓地に埋葬しようとした。だがダーウィンの同郷の人々は当時の代表的な科学者や政府の要人に働きかけ、彼の遺体をウエストミンスター寺院に埋葬してもらいたいと司祭に願いでた。ジョージ・グランヴィル・ブラッドレー司祭はこの申し出に「喜んで応じる」と答え、4月26日の午後、ダーウィンは不可知論者でありながら、ウエストミンスター寺院に埋葬された。
 棺を担いだのは、ダーウィンの友人だった植物学者のジョゼフ・フッカー、若い生物学者のアルフレッド・ラッセル・ウォーレス(ダーウィンはウォーレスの著作に触発されて進化論を発表した)、駐英アメリカ大使のジェームズ・ラッセル・ローウェルといった顔ぶれだった。
 ダーウィンの墓は、「科学者たちの一隅」として知られるウエストミンスター寺院の一角にある。すぐ近くにアイザック・ニュートンの墓があり、その隣には天文学者ジョン・ハーシェルの墓がある。
 ダーウィンは『種の起源』の序文の中でハーシェルに言及し、偉大な哲学者として讃えている。地球上の生物の移り変わりを「神秘の最たるもの」という言葉で言い表わしたのはハーシェルだった。


――パトリシア・ケロッグ

BOOK





関連リンク

エヴォリューション:米公共放送網PBSの進化に関する番組と連携した、娯楽的な双方向サイト。ダーウィンの生涯や彼の提唱した理論について、教師や生徒にも役立つ情報を掲載。
http://www.pbs.org/wgbh/evolution/

ザ・ライティング・オブ・チャールズ・ダーウィン・オン・ザ・ウェブ:ケンブリッジ大学の歴史家による、ダーウィンの著作に関する充実したサイト。『種の起源』を含む書籍や書簡、雑誌の記事などを紹介。
http://pages.britishlibrary.net/charles.darwin/

アバウト・ダーウィン・コム:ダーウィンの生涯や19世紀後半の科学について詳細に解説。多くのサイトにリンクがはられている。
http://www.aboutdarwin.com/

センター・フォー・サイエンス・アンド・カルチャー:ダーウィン進化論とも創造説とも異なり、宇宙はひとつの計画に従って進歩したとするインテリジェント・デザイン説を紹介。
http://www.discovery.org/csc/

アンサーズ・イン・ジェネシス:「若い地球創造論者」のサイト。大半は英語だが、アジアやヨーロッパなど10の言語で書かれているページもある。
http://www.answersingenesis.org/

ザ・トーク・オリジンズ・アーカイブ:科学的な見地から進化説と創造説の論争に関する記事や論文を紹介。両説の多くのサイトにリンクしている。
http://www.talkorigins.org/

ナショナル・センター・フォー・サイエンス・エデュケーション:公立学校における進化に関する科学的教育を擁護する非営利団のホームページ。
http://www.ncseweb.org/





日本版の過去記事

2002年1月号「オオカミからイヌへ 進化の系譜」

1999年4月号「ガラパゴス諸島:楽園の危機」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について