ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
砂漠に暮らす小さな“装甲車”、ラーテル

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

野生の行動をとらえる
撮影=コリーン・ベグ、キース・ベグ

 キース・ベグ(写真)とコリーン・ベグは南アフリカのカラハリ・トランスフロンティア公園で、述べ6000時間をかけて野生のラーテルを観察した。体は小さいが獰猛なこの食肉動物の生態を長期間にわたって探った、初めての調査である。ラーテルは捕らえられると一時的におとなしくなるので、その間に測定や組織サンプルの摂取を行った。
 調査では25頭に無線つきの首輪をはめ、24時間追跡できるようにした(首輪は調査が終了した時点で、すべてはずした)。ベグたちによると、ラーテルの行動範囲はきわめて広く、雌は食べ物や巣穴を求めて140平方キロ近くを動き、雄は700平方キロもの縄張りをパトロールする。










本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について