ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

肥満 私たちはなぜ太るのか
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=キャシー・ニューマン 写真=カレン・カスマウスキー

LINE

お腹いっぱいに食事をし、体をあまり使わない現代人はどうしても太り過ぎ、健康を害する傾向が強い。肥満を防ぐにはどうすればよいのだろうか。

LINE

 肥満の第1法則は、どんな食べ物でもその時点で必要なカロリーの量以上に食べれば太るということだ。第2法則は、適切なカロリー摂取と食べ過ぎの差はごくわずかだということだ。

詳しくは本誌をお読みください。


最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 1992年に1万6200件だった米国の肥満治療の外科手術は、2004年には14万4000件に上ると予想されている。肥満に悩む人々が、手術という思いきった手段を選択するようになってきた。ストマック・ステープリング(胃のホチキス止め)という呼称でよく知られているこの手術は、胃の数カ所をホチキスで閉じて小さくし、体重の減少を促すというものだ。歌手や芸能人など、有名人の成功話が、近年の減量手術人気に拍車をかけた。手術を受けた人の多くは急激に体重が減り、その後も長ければ2年間、体重の減少が続く。利点は減量だけではない。肥満が原因で起きる体調不良のほぼすべてが改善されるのだ。
 しかし減量手術に危険がないわけではない。肥満治療手術の中でもっとも一般的な、胃のバイパス手術を受けた患者のうち、100人に1人が亡くなっている。また肥満治療手術を受けた患者の10〜20パーセントは、合併症を引き起こして再度手術を受けている。胆石を患う人のほか、30パーセント近い人たちが骨粗鬆症(こつそしょうしょう)や貧血症、代謝性骨疾患などの栄養摂取不良に悩まされている。

――ケイト・ラインベリー

BOOK






関連リンク

太りすぎと肥満について:肥満の流行、健康への影響、体重増加防止についての情報を、疾病管理予防センターのサイトでチェックしよう。
http://www.cdc.gov/nccdphp/dnpa/obesity/

アメリカ食餌療法学会:栄養についての疑問を解消し、健康的なライフスタイルについて学ぼう。
http://www.eatright.org/Public/NutritionInformation/92.cfm





日本版の過去記事

2000年9月号「人間の体力 運動能力の限界を超える」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について