ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

取材ノート
肥満 私たちはなぜ太るのか

Line

<< 特集ページに戻る

Line

Photo

筆者の取材ノート
キャシー・ニューマン

Line

Photo

写真家の取材ノート
カレン・カスマウスキー

Line

「取材現場から」は、筆者と写真家へのインタビューを編集したものです。
本誌の記事と一部が違うことがあります。

写真=Brian Strauss (上) Karen Kasmauski

取材現場から 取材現場から PHOTO
肥満 私たちはなぜ太るのか

筆者の取材ノート
キャシー・ニューマン
Best 最高の経験

 今回の取材中に、5キロ痩せたこと。


Worst 最悪の体験

 今回の取材中に、5キロ太ったこと。


Quirkiest 最も奇妙な思い出

 取材をしてみて、一番複雑で驚かされたのは、意見の対立する肥満治療医たちの議論の応酬だった。科学者ではなく、狂信的な人々の信仰をめぐるやりとりを聞いているような気持ちになることもあった。一方が、炭水化物は採っても大丈夫ですと言えば、もう一方は、炭水化物を採ってはいけませんと主張する。一方が、カロリーは問題ではありませんと言えば。もう一方は、カロリーが問題なのですと言って譲らない。
 1日の時間帯に応じたダイエット法があるらしいのにも驚いた。「ハリウッド式48時間ミラクル・ダイエット」というのがあった。信仰する宗教に応じたダイエット法もある。「イエス式ダイエット」(やはりパンと魚を食べるのだろう)。さらに古代志向のダイエット法まであった。「古代式ダイエット:古代人と同じものを食べて痩せて健康になろう」(マンモスのステーキでも食べろというのだろうか?)。しまいには大盛りのアイスクリームに頭をつっこんで、むさぼりたいような気持ちになった。









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について