ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

増える需要 迫る枯渇 原油
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map

PHOTO

文=ティム・アペンゼラー 写真=サラ・リーン

LINE

これまでに何度も取りざたされた原油価格の高騰は、今度こそ現実のものになりそうだ。安い石油の時代は終わりを迎えようとしている。

LINE

 世界の石油需要を満たすことはますます困難になっている。米国本土の原油の産出量は大きく減少し、ベネズエラやナイジェリアの政情不安は世界の原油供給に暗い影を投げている。中東は今も原油の宝庫だが、政治情勢の不安定なこの地域に原油の供給を依存するのは危険だ。

詳しくは本誌をお読みください。


最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 米国のメキシコ湾岸には、原油の地下貯蔵所が数多く設けられ、そこに6億4800万バレルもの原油が眠っている。これは緊急時に備えて米国政府が蓄えている戦略石油備蓄(SPR)だ。世界最大の石油消費国で、消費量の半分以上を輸入に頼っている米国は、不測の事態に備えてこのように原油を備蓄している。中東の産油国が1973年から2年間、原油の対米禁輸措置に踏み切ったのを受けて、1975年12月にフォード米大統領がSPRを承認、世界最大の非常用原油備蓄が誕生した。ハリケーンの襲来や海上航路の封鎖などの緊急事態に直面すると、米国政府は備蓄原油の貸し付けを行って原油供給の安定を図ってきた。それでも、備蓄の開始以来25年の間に備蓄原油が販売されたのはたった1度、1991年の湾岸戦争の時だけだった。

より詳しい情報は戦略石油備蓄のウェブサイトへ。
http://www.fe.doe.gov/programs/reserves/

――デビッド・ウッデル

BOOK






関連リンク

米国エネルギー省エネルギー情報局:インターネット上でエネルギー統計資料を探すならこのサイトへ。最も広範囲にわたる資料を入手できる。数百ものリンクが用意されており、世界各国のエネルギー消費やエネルギー資源に関する分析、石油の最終用途など、あらゆる情報に簡単にアクセスできる。エネルギーの生産や消費に関して、子供向けに楽しく紹介したコーナーもある。
http://www.eia.doe.gov/

石油技術協会:原油や天然ガスの探査、生産に関する資料を提供。主として専門家を対象としたサイトだが、一般の読者にも有用だ。資源の持続可能な開発と環境問題に取り組む各国政府機関や地質学研究組織へのリンクもある。
http://www.spe.org/

エネルギー効率と再生可能エネルギー(EERE)のポータルサイト:米国エネルギー省によるサイト。在来エネルギーに代わって利用が可能となっている代替エネルギーや開発中の技術に関する情報を提供している。エネルギー問題に関心がある消費者のために、窓ガラスの購入ガイダンスから太陽熱ヒーターの取り付け方法まで、あらゆる情報を網羅。
http://www.eere.energy.gov/

石油市場の基礎:スポット価格とは何か?その重要性は?こんな疑問をもったことがあるなら、まずこのサイトへ。世界市場における石油の需給や取引、価格設定などについて分かりやすく解説している。サイト内の各文書や他サイトへのリンクも便利。
http://www.eia.doe.gov/pub/oil_gas/petroleum/analysis_publications/oil_market_basics/intro.htm



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について