ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

ハノイ ベトナム戦争終結から約30年
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=デビッド・ラム 写真=デビッド・アラン・ハーベイ

LINE

長く続いた戦争が終わってから約30年、ようやく平和を勝ちとったベトナムの首都ハノイは、今度は豊かさを手に入れようとしている。

LINE

 戦争と貧困、そして外国の占領で、千年以上も屈辱の歴史に耐えてきたハノイ。だが共産主義政権が個人投資家や観光客、企業に門戸を開放したおかげで、この町はよみがえり、活気づいた。

詳しくは本誌をお読みください。


該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 ベトナム戦争で、北ベトナムの人民軍を率いた革命的指導者ホー・チ・ミン。彼が亡くなったのは、戦争終結の6年前の1969年の9月である。支持者から“ホーおじさん”の愛称で親しまれたこの国民的英雄は、ベトナムの独立と統一のために闘った。ホー・チ・ミン自身は自分を特別な存在と思っていなかったので、死んだら火葬にして遺灰を国の北部、中部、南部にある三つの丘に埋めてほしいと話していた。
 ところがホー・チ・ミンの死後、同志たちが彼の遺体をレーニンのように永久保存しようと、旧ソ連から遺体保存技術の専門家を呼んだ。
 「彼らはホー・チ・ミンを目に見えるシンボルとして残したかったのだ」とホー・チ・ミンの伝記の著者、ウィリアム・ダイカーは述べている。
 こうしてバーディン広場にホー・チ・ミン廟の建設が始まった。1945年、彼が有名な独立宣言を行った場所である。そして今、ガラスケースの中に横たわるホー・チ・ミンを一目見ようと、多くの人々が大理石の廟を訪れる。

――クリスティ・ウリッチ

BOOK






関連リンク

ロンリー・プラネット・ウエブサイト:ハノイの歴史を紹介。
http://www.lonelyplanet.com/destinations/south_east_asia/hanoi/

ベトナム大使館ウエブサイト:ベトナムの地誌と政治に関する情報を提供。
http://www.vietnamembassy-usa.org/learn/geo-hanoi.php3

CIAファクトブック:ベトナムの歴史、経済、人口を紹介。
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/print/vm.html





日本版の過去記事

1997年12月号「ベトナム・ハロン湾の岩島に挑む」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について