ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
ヨハネスバーグの希望と不安

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

荒れ地
写真=トマス・トマシェフスキー

 ヨハネスバーグ中心部に近いゴミの中で遊ぶ子供たち。ここは以前、公園だったが、1990年代初めにアパルトヘイトが廃止されて、ゴミ集積場になった。この写真は2001年に撮影されたものだが、その頃から町は美化運動に乗り出し、ここにネルソン・マンデラ橋を架けた。
 ほかの場所では、今でも黒人の商人たちが通りにゴミを投げ捨てている。かつてはきちんと統制されていたダウンタウンはその商人たちによって、秩序はないが活気にあふれた自由市場へと変貌した。アパルトヘイト撤廃は、南アフリカ共和国で最も大きくて裕福なヨハネスバーグの町に暮らす黒人たちに、新しい自由と機会を与えたが、同時に、犯罪、貧富の差の拡大、そして相当の混乱ももたらした。

撮影条件


カメラ:ライカ M6
フィルム:フジクローム ベルビア50
レンズ:21mm
シャッター速度:1/125秒
絞り:f/8




天候:晴れ
撮影時間帯:午後
照明:自然光





本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について