ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

アルメニア、悲劇と復興の物語
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=フランク・ビビアーノ 写真=アレクサンドラ・アバキアン

LINE

古くから迫害や地震に苦しんできたアルメニア。ソ連の崩壊後、独立を果たしたこの国は、今も紛争や貧困に直面し、それを克服しようと努力している。

LINE

 カフカス山脈の南に広がる人口300万人の国アルメニア。古くから周囲の大国による迫害や虐殺の歴史に耐えてきたこの国の人々にとって、「生き延びる」ことは民族としての最大のテーマだった。

詳しくは本誌をお読みください。


該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 人種や宗教、政治、民族でまとまった特定の集団を故意に虐殺することを、“ジェノサイド(genocide)”という。この言葉は、1940年代にポーランド系アメリカ人のラファエル・レムキンがつくった造語である。
 人種や国や民族を意味するギリシャ語のジェノス(genos)と、虐殺を意味するラテン語のサイド(cide)を組み合わせたこの言葉は、1944年11月に米国のカーネギー国際平和基金が発行したレムキンの著書『占領下ヨーロッパにおける枢軸国支配』の中で初めて使われた。
 1948年の国連総会で採択された「集団虐殺罪の処罰及び防止に関する条約」により、集団虐殺は、いかなる国の法廷でも起訴できる犯罪となった。

――ケイト・ラインベリー

BOOK






関連リンク

アルメニア・ディアスポラ:アルメニアに関する最新情報を提供するサイト。
http://www.armeniadiaspora.com/home/index.html

アルメニア教会:4世紀に設立されたアルメニア教会の歴史を学べるサイト。
http://www.armenianchurch.org/church/history/index.html

アルメニアの歴史:このサイトでアルメニアの歴史を学ぼう。
http://www.armenianhistory.info/origins.htm



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について