ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

先史時代の天文盤
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=ハラルド・メラー 写真=ケネス・ギャレット

LINE

ドイツ中部の遺跡から盗掘された、3600年前の天文盤を奪還するため、おとり捜査に協力した考古学者のスリル満点の物語。

LINE

 古代の遺物を扱う闇商人が、シャツの下からタオルでくるんだ物をゆっくりと取り出した。タオルをとった瞬間、私は思わず息をのみそうになった。古代の人々が暦を知るのに使った、あの天文盤だ。金色の星々をちりばめた面の中に金色の太陽と月の姿が確認できた。

詳しくは本誌をお読みください。

最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 ドイツのハルツ山地は、ごつごつした岩に覆われた山頂と険しい断崖、緑豊かな森で知られた魅惑的な場所で、昔から妖術や魔法などの伝説が数多く語り継がれてきた。
 何世紀もの間、ハルツ山地の人々は4月30日には最高峰ブロッケン山の頂上に魔女が集まり、悪魔とダンスを踊るのだと信じてきた。この神秘的な集会が開かれる時期は、新しい季節の到来をかがり火やお祭りで祝う、古代の異教の春の祭りが催される時期でもあった。
 中世にキリスト教がドイツに伝わると、聖職者たちはこの夜の祭りを8世紀の英国人宣教師、聖ヴァルプルギスにちなんで「ヴァルプルギスの夜」と名づけ、悪霊を祓(はら)うためのお祝いとした。
 ブロッケン山でのお祭りは、この一帯が東ドイツの領土だった時代には禁止されていたが、ここ10年間、毎年何千人もの人々が山頂に集い、ヴァルプルギスの夜を祝って踊りに興じている。

――ケイト・ラインベリー

BOOK






関連リンク

天文学の歴史:古代人が夜空をどのように研究していたのかがわかる。
http://curious.astro.cornell.edu/history.php

プレアデス星団:日本では「すばる」とも呼ばれるこの星団についてより詳しく学ぼう。
http://www.ras.ucalgary.ca/~gibson/pleiades





日本版の過去記事

2003年7月号「古代中国の殷 青銅器文化のルーツ」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について