ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

ズームイン
先史時代の天文盤

<<特集ページに戻る


本誌に載らなかった写真と、撮影余話
PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>


PHOTO

櫓は語る
写真=ケネス・ギャレット

 天文盤に埋め込まれた金の帯には、縁に沿って小さな羽のような船の櫓が描かれている。考古学者たちは、これを古代エジプトの影響をうけた宗教的なシンボル、つまり夜の間に太陽神を安全に運ぶ船ではないかと考えている。船は天文盤に2度目の修正が施された際に加えられたもので、この時から天文盤は、以前とは別の意義と用途を持つようになった。
 天文盤と金の帯にはいくつか穴が開いている。これは、この天文盤が何世紀も果たしてきた役割を終え、布で覆い隠すために開けられたのではないだろうか。

撮影条件


カメラ:ニコン F5
フィルム:フジ T-64
レンズ:ニッコール 200mm f/4、マイクロ・ニッコール
シャッター速度:1秒
絞り:F16




天候:屋内
撮影時間帯:午後
照明:タングステン・ライト





本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について