ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

取材ノート
珍獣キンカジュー

Line

<< 特集ページに戻る

Line

Photo

筆者の取材ノートから
ホリー・メニーノ

Line

Photo

写真家の取材ノートから
マティアス・クルム

Line

「取材現場から」は、筆者と写真家へのインタビューを編集したものです。
本誌の記事と一部が違うことがあります。

写真=Holly Menino 提供(上) and Lars-Magnus Ejdeholm

取材現場から 取材現場から PHOTO
珍獣キンカジュー

筆者の取材ノート
ホリー・メニーノ
Best 最高の経験

 夜中、巨大なクレーンに吊るされたゴンドラに乗り、生物学者の操縦でパナマの熱帯雨林を探索したのが最高の経験だった。まるで夜のサンゴ礁に潜っているような体験だった。さまざまな生き物がうごめき、ぼんやりと光っている場所もあった。地面をはうクモから、高さ90メートルの樹上で暮らすカザリドリと呼ばれる青い鳥まで、雨林の至るところに生き物がいて目をみはった。


Worst 最悪の体験

 パナマの都市部周辺に広がる自然は実に緑豊かで、それだけにコロンの町などで目にしたパナマの人々の貧しさは痛々しかった。人々は、窓ガラスもないような、ひどい家に住んでいた。悲惨な現実があることを知らされた。


Quirkiest 最も奇妙な思い出

 熱帯雨林には実に様々な動物が、風変わりなやり方ですみかを分かち合っている。木からぶらさがったバスケットボール大のシロアリの巣には、コウモリの仲間もすみついている。このコウモリは巣に入り込むとシロアリに囲まれて体を休める。私たちはシロアリの巣をみつけると、必ず中を調べてコウモリがいるかどうかを確認した。









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について