ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

南米チリのアタカマ砂漠
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>



年間購読のご案内

PHOTO

文=プリート・J・ベシリンド 写真=ジョエル・サートレイ

LINE

チリ北部に広がる、年間降水量が10ミリに満たないアタカマ砂漠。地上で最も乾燥したこの過酷な地に暮らす人々の生活と希望を報告する。

LINE

 チリ北部の太平洋沿岸部に南北約1000キロにわたって広がるアタカマ砂漠は、年間降水量が10ミリにも満たない。その中央部は、気象学者が「純砂漠」と呼ぶ地上で最も乾燥した地域で、これまで一度も降水が記録されていない、恐るべき不毛地帯もある。

詳しくは本誌をお読みください。

該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 チリ北部の太平洋沿岸部はほとんど雨が降らないので、へんぴな土地にある集落では、長らく、生きていくために必要な水をトラックで輸入するほかなかった。だがやがて沿岸部の住民は、この土地でも豊富に手に入る水分“霧”を利用する方法を発見した。
 アタカマ砂漠の沿岸部には雨はめったに降らないが、“カマンチャカ”と呼ばれる濃霧が頻繁に発生する。霧は“ロマス”という植物の群落を育み、サボテンからシダまで、様々な草木が茂る緑の孤島をつくる。
 現在、チュングンゴの村では、植物が巧みに利用してきた霧を、人間が活用している。サンチアゴのカナダ国際開発研究センターとカナダ大使館の協力を受け、村人たちは10年前から、山脈を越えて地表に降りてくる霧をネットで捕らえる独創的な装置で、水を確保するようになった。この装置は、網目の細かいネットをつなぎ合わされた樋の上に垂直に吊るしたもの。ネットに付着した霧が水滴となって樋に滴り落ち、管を伝って村へ流れていく。今や住民は庭で草花を育てたり、毎日シャワーを浴びられるようになった。この霧収集機は日に平均1万リットルの水を村に供給している。
 この霧収集機がチリで成功したため、ペルーやエクアドル、南アフリカ、ナミビアなどでも、乾燥した土地の集落で同様の装置を開発しようという動きが高まった。

――ロビン・A・パーマー

BOOK






関連リンク

アタカマ砂漠の旅:カーネギーメロン大学のホームページ
http://www.frc.ri.cmu.edu/atacama
2003年4月に結成された国際的な科学者グループが、アタカマ砂漠調査の旅に出発した。地球以外の惑星で生命の痕跡を調査する新しい探査車の開発が目的だ。日々の探検報告書や、未来の科学"宇宙生物学"に関する情報が閲覧可能。

サン・ペトロ・デ・アタカマ
http://www.sanpedroatacama.cl/ingles/contenido.htm
アタカマ砂漠を旅するならサン・ペトロ・デ・アタカマに立ち寄りたい。ホテルやツアー、町の歴史などの情報を提供するサイト。

アンデスの植物情報
http://www.sacha.org/
アタカマ砂漠は乾燥してはいるが、驚くほど多彩な植物を育んでいる。ここでは、アタカマ砂漠も含め、アンデス全域の顕花植物に関する情報を入手できる。



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について