ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

アマゾン奥地の謎の先住民
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=スコット・ウォレス 写真=ニコラス・レイナー

LINE

ブラジルのアマゾン奥地にすむ先住民の保護に全力を注ぐ社会活動家シドニー・ポスエロの努力。

LINE

 アマゾン川の支流、イタクアイ川とジュタイ川の源流付近は、謎に包まれた先住民の部族「フレシェイロス」の土地だ。近くに暮らすインディオですら、彼らの姿を見た者はほとんどいない。弓矢の名手で、毒矢で自分たちを守っているという。

詳しくは本誌をお読みください。


該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 昔から、北米や南米の先住民は、ベニノキを使って体を染め、身を飾ってきた。この木は成長すると6メートルの高さになる。剛毛でおおわれた実の中には、十数個の種が入っていて、柔らかい果肉で包まれている。種をそのまま肌にこすりつけても着色できるが、通常は種を煮詰めてペースト状にしてから油と混ぜて使用する。油はピキアの木の実から抽出したものがよく使われる。こうして作られた蝋(ろう)質の丸い塊は、数週間日持ちするので、必要なときに使用できる。
 ベニノキのこうした利用法に馴染みがない人も、食品用染料としては多分よく知っている。チェダーチーズのオレンジ色に使われるのがこの染料だ。

――ジェニファー L. フォックス

BOOK






関連リンク

社会環境協会のホームページ
http://www.socioambiental.org
「indigenous peoples(先住民)」と表示されたタブから、先住民に関する情報、言語、部族別の推定人口統計などが閲覧できる。

シドニー・ポスエロの映像
http://www.un.org/Dialogue/heroes.htm
活動中のシドニー・ポスエロの姿が見られる、国際連合が運営するサイト。先住民を探し、彼らとコミュニケーションを図ろうとするポスエロを映した映像が用意されている。



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について