ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

取材ノート
マヤのアグアテカ遺跡

Line

<< 特集ページに戻る

Line

Photo

筆者の取材ノートから
猪俣健

Line

Photo

写真家の取材ノートから
ケネス・ギャレット

Line

「取材現場から」は、筆者と写真家へのインタビューを編集したものです。
本誌の記事と一部が違うことがあります。

写真=Kenneth Garrett

取材現場から 取材現場から PHOTO
マヤのアグアテカ遺跡

写真家の取材ノート
ケネス・ギャレット
Best 最高の経験

 マヤ王朝の首都アグアテカは敵の襲撃を受けてもぬけの殻となり、焼き払われた。王族から廷臣まで皆、体一つで逃げたようで、襲撃された時の状況が手に取るようにわかる。私たちは時間をさかのぼり、何が起こったのかを記録した。廷臣や神官の家からの出土品は、彼らの暮らしについて様々なことを教えてくれた。素晴らしい経験だった。


Worst 最悪の体験

 ジャングルの奥深くまで入り込み、アグアテカ最後の王、タン・テ・キニッチの像と頭飾りが刻まれた石碑を撮影した。高さ2メートルもの石碑はとても美しかった。撮影には成功したが、残念ながら違法な伐採によって破壊されていた。


Quirkiest 最も奇妙な思い出

 グアテマラ・シティからフローレスまで飛び、そこからミニバンを借りて川まで移動、さらにボートで取材現場まで移動した時のこと。考古学者で、今回の発掘のリーダーを務めるアリゾナ大学の猪俣健がクリス・クレインと私に防虫スプレーをくれた。
 「スプレーはかぶれるからいやだ」と言ったが、猪俣氏は「私のチームは全員、マラリアにかかっている」と言う。そう聞いたとたん、かぶれたって構わないから防虫スプレーを使うことにした。









本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について