ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

哺乳類の進化
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO

文=リック・ゴア 写真=ロバート・クラーク イラスト=ケニス・アンド・ケニス

LINE

新しい化石の発見や、遺伝子工学を駆使した研究で明らかになった進化の道筋

LINE

 地球上で哺乳類が繁栄し始めたのは、6500万年前。小惑星か彗星が地球へ衝突して、恐竜が絶滅してからのこととされる。化石記録を見ると、衝突から数百万年の間に、哺乳類が爆発的な分化を遂げたことが分かる。2億1000万年前に泥の中で食べ物をあさっていたトガリネズミほどの大きさの最古の哺乳類「モルガヌコドン」から、私たち人間に至るまで、哺乳類はどのように進化してきたのだろう。新たな化石の発見や、遺伝子工学などの新しい研究手法によって、哺乳類の環境への適応や進化の過程が解明されつつある。

詳しくは本誌をお読みください。

該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 地球のプレート運動は哺乳類の進化に影響を及ぼす重要な要素だ。今から2億5000万年後の地球はどうなっているだろう? 一部の地質学者によれば、現在、地球上の大陸は衝突段階に入りつつあり、やがて単一の大陸を形成するという。この地質学者たちは現在の地殻の動きから、1億5000万年後には南極大陸がオーストラリアの南端に衝突し、現在のニューヨークやボストン、ワシントンを含む地層が高い山脈の上に押し上げられると予測している。2億5000万年後には北米大陸がアフリカと衝突し、南米大陸がアフリカの南端周辺を取り囲むと考えられている。こうしてできた単一の超大陸は中央に小さな海洋盆を形成することになる。地球のプレートの動きを観察し、未来の姿をもっと知りたい人は、www.scotese.com/newpage13.htmへ。

―ノラ・ギャラガー

BOOK






関連リンク

世界中の哺乳類に関する情報「Mammals of the World」
http://www.press.jhu.edu/books/walkers_mammals_of_the_world/prep.html

進化論について学ぶ「Explore the theory of evolution」
http://www.ucmp.berkeley.edu/history/evolution.html

古生物学と大陸移動に関する情報「Paleoreconstructions」
http://www.scotese.com/





日本版の過去記事

2002年1月号「オオカミからイヌへ 進化の系譜」

2001年11月号「進化の謎 陸を歩いたクジラ」

2000年2月号「哺乳類時代の夜明け」


トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について