ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

ヌバ民族
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=カレン・ラング 写真=メレディス・ダベンポート

LINE

スーダン中部、内戦の犠牲になりつつ暮らすヌバ民族。

LINE

スーダン中部に広がるヌバ山地。ここに暮らす少数民族の総称「ヌバ」の人々は、長期化した内戦に翻弄されてきた。1985年、南部を拠点とする反政府勢力のスーダン人民解放軍(SPLA)がヌバ山地に勢力を拡大すると、政府はヌバ全体を敵とし、山地を包囲し、町を占領した。人々は援助物資を絶たれ、10年以上も食糧難にあえぎながら生き抜いてきた。この地を訪れた女性写真家が、ヌバの人々の暮らしを撮影した。

詳しくは本誌をお読みください。


サイト&サウンド
最新号紹介ページへ戻る

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 レスリングは、3000年以上もヌバの人々が受け継いできた古い歴史を持つスポーツだ。最古のヌビア人レスラーの肖像が、紀元前1410年に亡くなった古代エジプトの役人の墓に壁画として残っている。古代エジプト軍は、弓の名手として知られたヌビア人を徴用したが、ヌビア人レスラーも使われていたかも知れない。ヌビア人というエジプトの言葉は、南方に住む褐色や黒い肌の人々の総称。様々なヌビア人レスラーの壁画を調べた考古学者や人類学者、歴史家は、様々なスーダンの少数民族と比較した結果、ヌバ族が古代ヌビア人レスラーの子孫だとみている。
 古代ギリシャのレスリングとヌバ族のレスリングは類似している。レスラーは裸で、勝敗は抑え込みでなく、相手を倒した得点で決まる。どちらも全身を使って戦うが、現在のグレコ・ローマン・スタイルだけは、上半身しか使えない。ヌバ族のレスリングは古代ギリシャより何百年も歴史が古く、何千年もの間ほぼ変わっていない。
 ヌバ族にとってレスリングは単なるスポーツではなく、社会的、宗教的な意味を持っている。少年たちはレスリングの競技を通じて成長し、強いレスラーには一生を通して社会的地位が約束される。子孫繁栄や先祖崇拝、精霊崇拝とも切り離せない。それはヌバの文化そのものなのだ。

BOOK






関連リンク

写真を通して知るヌバ民族の文化「Nuba Survival」
www.nubasurvival.com

ヌバ山地での戦闘についての情報「The Nuba Mountains Home Page」
go.to/NubaMountains



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について