ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE

特集
取材現場から
PHOTO

魚雷艇PT109
記事の筆者と写真家が、取材現場から報告する「最高の経験」、「最悪の体験」、そして「最も風変わりな思い出」。



本誌に載らなかったオンラインだけの写真。撮影条件も紹介します。


PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>

PHOTO
ズームインへ >>



map
拡大図へ >>

PHOTO

文=ロバート・D・バラード 写真=アイラ・ブロック

LINE

日本海軍が太平洋で沈めたジョン・F・ケネディの魚雷艇を探索。

LINE

第二次世界大戦下、南太平洋ソロモン諸島沖で日本の駆逐艦に沈められた、米海軍の魚雷艇「PT109」。後の米大統領ジョン・F・ケネディが指揮していたこの魚雷艇のものとみられる魚雷とその発射管を、海洋探検家ロバート・バラードらが発見した。

詳しくは本誌をお読みください。

該当号インデックスへ

もっと知りたいなら…

今回の特集に関してもっと知りたい方に、参考となる情報を提供します。





特集関連の豆知識

 子供の頃、父は私を膝にのせ、マンロー・リーフの童話「はなのすきなうし」を読んでくれた。主人公のフェルディナンドは心の優しい牛で、闘牛場で戦うよりも、丘の上の木陰で花の匂いをかいだり、闘牛を見に行く人々を眺めているのが好きだった。このフェルディナンドが、第二次世界大戦につながりがあることを知る人は少ないだろう。
 大戦初期、連合軍は南太平洋戦線で、オーストラリア海軍が1911年に設けた警備隊を土台にして沿岸警備隊を組織した。無線を利用して、敵の最前線に忍び寄り、配置や機動力、兵員数などあらゆる情報を入手するのが仕事だった。この組織に命名したのは米海軍中佐のエリック・フェルド。彼はマンロー・リーフの本と、それに基づいたディズニー映画の主人公「フェルディナンド」のファンで、この組織を"フェルディナンド"と名付けたのだ。敵と交戦せず、見張り役に徹して、敵軍の情報を収集せよというメッセージが込められていたのだ。

――アビゲイル・チップトン

BOOK






関連リンク

米海軍歴史センター「Naval Historical Center」
www.history.navy.mil

PT型舟艇の歴史を保存、出版する非営利組織「PT Boats, Inc.」
www.ptboats.org/01-0-05-about.html

元米大統領ジョン・F・ケネディに関する情報「John Fitzgerald Kennedy Library and Museum」
www.cs.umb.edu/jfklibrary/



トップへ戻る






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について