ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
2004年4月号 第10巻第4号 通巻No.109
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE



詳細はこちら>>

ARROW
巨大竜巻トルネードの謎を探る
P44

 米国ロッキー山脈の東側は世界有数の竜巻(トルネード)発生地帯。筆者と写真家は、研究者に同行して、竜巻の中心の撮影に挑む。そして3年に及ぶ追跡の末、ついに……。
文=プリート・J・ベシリンド 写真=カーステン・ペーター

■「ミスタートルネード」と呼ばれた藤田哲也教授
竜巻の強さを表す指標に「フジタスケール」という用語がある。これは雷雲を研究していた藤田哲也が米シカゴ大学で体系化したものだ。藤田教授のエピソードを紹介する。

筆者と写真家が音声と写真で説明する サイト&サウンド>>

LINE



詳細はこちら>>

ARROW
気高き平和の大使 ツル
P74

 世界に生息するツルは15種。絶滅のおそれのある種に対して、人工飼育を行い、渡りの習性を取り戻させるべく、超軽量飛行機を使った“渡りの練習”が試されている。
文=ジェニファー・アッカーマン

■ツルと日本人
ツル好きの日本人はいつからこの鳥を身近に感じていたのだろう。縄文中・後期および弥生時代の遺跡、『記紀』や万葉集の記述、禁制の鳥とした江戸時代の時代背景など、ツルの文化史を紹介する。
文=国松俊英
■特製地図「世界の渡り鳥」
世界の代表的な渡り鳥とその渡りのルートを紹介。美しい鳥のイラストを使いながら、世界各地の繁殖地や渡りの中継地を解説する。

ライプカメラで見るツル>>

LINE



詳細はこちら>>

ARROW
米国バッドランズ国立公園 岩山と草原の海
P98

 米国中北部のサウスダコタ州に広がるバッドランズ国立公園一帯は、先住民オグララ・スーの祖先が「悪い土地」と呼んでいた場所。風と水の浸食による荒々しい岩山が一転して緑豊かな草原へと変化し、その対比がとても印象的な場所だ。「哺乳類の黄金時代」の化石も多数見つかっており、観光客も多く訪れる。
文=ジョン・L・エリオット 写真=アニー・グリフィス・ベルト


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
ヨハネスバーグの希望と不安
P118

 アパルトヘイト(人種隔離)政策に終止符を打ち、多民族が共存する「虹の国」づくりを目指して10年たった南アフリカ共和国。過去は悪夢のような時代として語られつつあるが、それでも貧富の差が拡大し、相変わらず犯罪率も高い。この国最大の800万人都市、ヨハネスバーグの現状を報告する。
文=ピーター・ゴッドウィン 写真=トマス・トマシェフスキー


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
野生動物の宝庫 ミャンマーのフーコン渓谷
P138

 ミャンマー(旧ビルマ)北部のフーコン渓谷に世界最大のトラ保護区を造る計画がある。かつて辺境の地だったこの一帯は、金鉱開発による人間の流入で自然が破壊されつつあり、また独立軍が基地を構えているなど、計画を無事に実現するには課題が多い。
文=アラン・ラビノウィッツ 写真=スティーブ・ウィンター



PHOTO

表紙

米国サウスダコタ州で発生した巨大な竜巻。この一帯では毎年4月から6月末に竜巻シーズンを迎える。

写真=カーステン・ペーター


コラムI

地球新発見
P12
■外国人大リーガー

日本新発見
P20
■静脈認証システム

列島探訪
P24
■宮城県・北上川河口

読者フォーラム
P32
■ジャワヒョウの調査

日本の百年
P43
■1933年という節目


コラムII

取材現場から
P162
■嵐の去った後で

最後の一枚
P165
■麗しき女優のよう


買い物カゴに入れる






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について