ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
2004年3月号 第10巻第3号 通巻No.108
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE



詳細はこちら>>

ARROW
タテゴトアザラシの保護をめぐって
P42

 カナダ東部の北の海で春を過ごすタテゴトアザラシ。地元の漁師と動物保護団体との間で、捕獲か保護かの論争が40年間続いている。いまだに決着しないこの対立を、様々な角度からリポートする。
文=ケネディ・ウォーン 写真=ブライアン・スケリー


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
ブラジル大西洋岸の密林を再生する
P60

 ブラジルのリオ・デ・ジャネイロなどの都市周辺に広がる「大西洋岸森林」。かつての広大さは失われたが、この森林には今も貴重な生物が生息する。その自然を守るため、森林再生の試みが始まった。
文=バージニア・モレル 写真=マーク・W・モフェット

筆者と写真家が音声と写真で説明する サイト&サウンド>>

LINE



詳細はこちら>>

ARROW
中国、環境破壊による痛み
P86

 急速な経済成長を遂げる中国は、一方で深刻な環境破壊に苦しんでもいる。ゴミや有毒物質の流れる川、公害を引き起こす工場、水不足にあえぐ都市。人口13億人の中国の環境破壊は、世界の問題だ。
文=ジャスパー・ベッカー 写真=ボブ・サシャ

■日本の中国への環境援助
かつて環境問題に苦しみ、克服した日本は、中国の環境問題の改善に貢献している。多額の対中ODA(政府開発援助)を環境支援に充て、産官学の様々なスタッフが奮闘している。


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
アルメニア、悲劇と復興の物語
P118

 紀元前70年に地中海からカスピ海まで支配し、バルティア帝国として君臨したアルメニアも、今ではカフカス地方の小国に過ぎない。その歴史はオスマン帝国による大虐殺、隣国アゼルバイジャン領内に暮らすアルメニア人のナゴルノ・カラバフ自治州の独立問題、50万人の命を奪った大地震など苦難の連続だった。希望を追い求めるアルメニアの姿を見つめる。
文=フランク・ビビアーノ 写真=アレクサンドラ・アバキアン


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
カナダ北西部を流れるスティキーン川
P140

 米国アラスカとの国境に近い、カナダのブリティッシュ・コロンビア州最大の自然公園には、先住民の言葉で「偉大な川」を意味するスティキーン川が流れる。かつてレンジャーを務めていた筆者は、この地を再び訪れ、懐かしい友人や多くの人々に出会い、厳しい自然のなかで暮らす彼らの強さと純粋さ、そして自然の荘厳さに心を揺さぶられる。
文=ウェイド・デービス 写真=サラ・リーン


LINE




ARROW
野生の叫び アフリカゾウのコミュニケーション

 気象学者がゾウの研究をする。意外性のあるこの話、実はとても理にかなっている。遠く離れたゾウ同士がどのようにコミュニケーションをとるのか? それは夕方から朝方にかけて、気象条件の良い時に人間に聞き取れない低周波の音を発しているからだ。



PHOTO

表紙

氷のそばを離れないタテゴトアザラシの赤ん坊。生後数週間はふわふわの白い毛で全身が覆われている。

写真=ブライアン・スケリー


コラムI

地球新発見
P10
■動物の不法取引

日本新発見
P23
■マントルに炭素

列島探訪
P26
■愛媛県・来島海峡

読者フォーラム
P30
■「村山順」と判明

日本の百年
P39
■過ぎ去る悲しみ


コラムII

取材現場から
P168
■流氷下での恐怖

最後の一枚
P171
■あっちに行って


買い物カゴに入れる






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について