ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
2004年1月号 第10巻第1号 通巻No.106
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE



詳細はこちら>>

ARROW
氷に覆われた火星
P46

 火星は、極地に白い氷の塊「氷冠」があることが知られているが、NASA(米航空宇宙局)の探査機の精緻な画像によって、かつては極地以外にも氷に覆われていたことが最近分かってきた。最新の研究で明らかになってきた火星の様々な謎に迫る。
文=オリバー・モートン

筆者と写真家が音声と写真で説明する サイト&サウンド>>

LINE



詳細はこちら>>

ARROW
風の吹き抜ける南米パタゴニア
P76

 南米の最南部、チリとアルゼンチンにまたがる広大なパタゴニア。荒々しく雄大な自然が残るこの土地は、冒険好きの人々の間で今、最も人気の高い場所の一つだろう。羊毛産業が再び脚光を浴び、観光地化の期待が高まる今、パタゴニアに新たな風が吹き始めている。
文=サイモン・ウォロール 写真=ピーター・エシック


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
インド・ラダック地方、チベット仏教の聖地
P100

 インド北部、ヒマラヤの高峰が迫るラダック地方の村ハンレはチベット仏教の聖地。幸せな来世を夢見る村人たちは息子を僧侶にし、僧侶は厳しい修行に励みながら祈りによって村人たちを守る。容易に訪れることのできなかった、深い静けさにつつまれたこの村を訪れた。
文=カレン・E・ラング 写真=マティアス・クルム


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
先史時代の天文盤
P112

 ドイツ中部の町にある遺構から盗掘され、行方知れずだった3600年前の天文盤が再び姿を現した。青銅製のこの天文盤は、いったいどんな意味をもち、どのように作られ、どのように使われていたのか。当時のヨーロッパ文明に新しい光を当てる。
文=ハロルド・メラー 写真=ケネス・ギャレット


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
ナミビアの少数民族ヒンバ
P124

 アフリカのナミビアに暮らす少数民族ヒンバの女性たちは、今でも昔ながらの衣装をまとい、伝統の頭飾りなどを母から娘へと伝えている。押し寄せる現代化の波に葛藤する女性たちの姿をリポート。
文=カレン・E・ラング 写真=キャロル・ベックウィス、アンジェラ・フィッシャー


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
北極海探査 地球の未来を読む
P140

 氷が年々減っている北極海で、将来どのような変化が起きるのか。謎のベールにつつまれた極寒の海の現状と、それが地球に与える影響を解明するには、今から氷や海流、海の生物に関する詳しいデータを蓄積していかなければならない。
文=ジェニファー・スタインバーグ・ホーランド 写真=ポール・ニックレン

■北極海が及ぼす日本への影響
北極海の太平洋側を中心に調査を続けている日本の研究者は、海氷が減少する原因を探っている。北極海の気候が与える影響は、予想以上に大きいことが分かってきた。



PHOTO

表紙

探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーのレーザー高度計によるデータを基に再現した50万〜5万年前の火星の姿。当時は氷に覆われた「白い世界」だったと考えられる。


コラムI

地球新発見
P12
■パレスチナの「謎」

日本新発見
P21
■クジラの新種発見

列島探訪
P26
■山梨・静岡県 富士山

読者フォーラム
P32
■濃霧の嵐を撮り続けて

日本の百年
P43
■桜島大噴火


コラムII

取材現場から
P162
■手形の洞窟

最後の一枚
P169
■パタゴニアの峰


買い物カゴに入れる






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について