ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
2003年7月号 第9巻第7号 通巻No.100
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE



詳細はこちら>>

ARROW
朝鮮半島の非武装地帯
P48

 1953年7月に朝鮮戦争の休戦協定が結ばれてから今年で50年。この半世紀、朝鮮半島では、韓国と北朝鮮を分断する非武装地帯(DMZ=Demilitarized Zone)をはさんで、両国の軍隊が対峙し、常に厳戒態勢をしいてきた。今年4月には、北朝鮮が核兵器の保有を明らかにし、朝鮮半島の緊張が高まった。平和がかろうじて保たれているDMZの現状をみる。
文=トム・オニール 写真=マイケル・ヤマシタ

■朝鮮戦争、日本はその時
 第2次世界大戦後、ゼロからスタートした日本経済は朝鮮戦争の「特需ブーム」によって奇跡的な回復を果たした。その一方で、警察予備隊(自衛隊の前身)が組織され、再軍備化への道が開かれた。

■特製地図「分断された朝鮮半島」
 1950年に勃発した朝鮮戦争の歴史を写真やイラストで解説、現在の朝鮮半島の人口・経済・軍事力についても分析する。情報の少ない北朝鮮の実態について詳しく解説する。


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
選ばれる雄の条件
P80

 動物の世界では、ライオンもシカも、そして鳥もヘビも、雌によって選ばれた雄だけが自分の子を残せる。雌をしぶとく追いかけ、他の雄に決して負けない体力をもつものこそが「選ばれた雄」になれる。雌の気をひこうと、知恵を凝らす野生動物の雄たちの姿をみる。
文=バージニア・モレル


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
古代中国の殷
P108

 紀元前1600年から同1045年頃まで中国中央部の平原地帯に栄えた殷(商)は、文字の記録で確認できる中国最古の王朝だ。改革・開放路線が進んだ1980年以降、中国では殷に関する新たな発見が相次いだ。
文=ピーター・ヘスラー 写真=O・ルイス・マザテンタ

■殷と三星堆、青銅器の鉛に共通点
 黄河流域の殷と長江流域の三星堆は約1100キロも離れ、異なる文化圏に属するが、同じ産地の鉛を使って青銅器を鋳造していた。


LINE



詳細はこちら>>

ARROW
タイセイヨウサケ
P134

 銀色に輝く野生のタイセイヨウサケが大幅に減少し、今では養殖魚が圧倒的に多くなった。世界に約3億匹いる成魚のうち、野生種はたったの350万匹。野生のタイセイヨウサケは守られるのだろうか。
文=フェン・モンテイン 写真=ポール・ニックレン

■人工孵化放流が100年以上続く日本のサケ
 日本のサケは人工交配を続けてきたため遺伝的な多様性が低くなり、環境への適応能力が低下する危険性が指摘されている。

筆者と写真家が音声と写真で説明する サイト&サウンド>>

LINE



詳細はこちら>>

ARROW
英国の山岳レース
P158

 英国国内を24時間以内で800キロ以上も移動し、スコットランド、イングランド、ウェールズの最高峰を制覇する。そんな過酷な山岳レースに筆者と写真家が挑戦した。
文=T・R・リード 写真=ジョエル・サートレイ



PHOTO

表紙

韓国と北朝鮮を分断する非武装地帯(DMZ)で監視する韓国軍兵士。幅4キロ、長さ238キロのDMZの韓国側には米軍も駐留し、厳戒態勢がとられている。

写真=マイケル・ヤマシタ
撮影データ:キヤノンEOS1v、EF100-400ミリ、絞りf5.6、1/125秒、ベルビア


コラムI

地球新発見
P14
■イラクの歴史遺産

日本新発見
P24
■日比谷公園百周年

列島探訪
P30
■鹿児島県・薩摩硫黄島

読者フォーラム
P34
■カゲロウの雌の謎

日本の百年
P47
■田んぼと蛍光灯


コラムII

取材現場から
P176
■最前線を見る

最後の一枚
P180
■恋のお相手、募集中


買い物カゴに入れる





本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について