ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE


2001



1月号
2月号
3月号
4月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号
11月号
12月号


2001

LINE

2001年11月号 第7巻第11号 通巻No.80

LINE

表紙

48
夜空を彩る神秘のオーロラ
大空を色とりどりの華麗な光で染めるオーロラ。太陽風が地球の大気に衝突して出現するこの光のショーは、今後数年間は頻繁に観察できそうだ。神秘的な美しさを見せてくれる一方で、地上の高圧送電網や通信システムを混乱させるオーロラ。そのメカニズムを探る。
文・写真=ケネス・テイラー
日本で見る光のショー
オーロラは今年、長野県や滋賀県でも観察され、日本の科学衛星がその仕組みの解明に取り組んでいる。

66
新生ロシア 改革の夢と戸惑い
旧ソ連が突如崩壊してから10年。中産階級が増えるモスクワを中心に目に見えて変わり始めたロシアだが、貧困や脱税など社会悪はまだ一掃されていない。古いロシアと新生ロシアの二つの顔をみる。
文=フェン・モンテイン 写真=ゲルド・ルドビッグ

96
古代エジプト ピラミッドを造った人々
4000年余り前のエジプト古王国時代に、カイロ郊外に造られた3基の巨大なピラミッド。1~40トンもある石材を切り出して運び、組み立てたのは一体、どのような人々だったのか。
文=バージニア・モレル 写真=ケネス・ギャレット
日本最大の古墳を造ったのは
大阪府堺市に残る仁徳陵は5世紀半ばに造られた日本一の古墳。この建設作業にはどの程度の労働力が必要だったのか。

120 
驚異の進化 陸を歩いていたクジラ
クジラの祖先は一体どんな動物だったのだろう。最近発見された初期の化石から、その祖先は陸地をのし歩いていた偶蹄(ぐうてい)類だったらしいことが判明。今から5000万年ほど前、クジラたちの祖先は海へ進出し、その体の仕組みや行動を見事に新たな環境に適応させていった。
文=ダグラス・H・チャドウィック 写真=ロバート・クラーク
画=ショーン・グールド

134
キングコブラ アジアの聖なる毒蛇
毒蛇の仲間の中では最も大きく、一かみでゾウをも殺すほど大量の神経毒を出すキングコブラ。東南アジアの密林に生息するこの毒蛇は意外に用心深く、めったに人前には姿を見せない。ボルネオの熱帯雨林でその生態を追った。
文・写真=マティアス・クルム

148
ケニアの生命の泉 カバたちの楽園
アフリカ・ケニアのオアシス、ムジマ・スプリングスでは、カバの群れが澄みきった泉で生命を謳歌する。カバの糞(ふん)を食べて育つ魚たち。その魚を食べる様々な鳥やワニ。この驚異の泉は驚くほど多くの生命を育み、支えている。
文・写真=マーク・ディーブル、ビクトリア・ストーン


コラムI
14
地球新発見
ベネチアを救う絵画
23
日本新発見
植物の受精の謎
28
列島探訪
長野県・上高地
34
読者フォーラム
クジラの祖先研究
45
日本の百年
タイピスト志願
46
地球の環境
自然の価値をはかる

コラムII
164 
取材現場から
ワニを水中撮影
167
最後の一枚
コブラと死の接吻

表紙 米国アラスカ州フェアバンクスで2000年11月に観察されたオーロラ。美しいオーロラは、数々の神話や芸術、科学のテーマとなってきた。
写真=ジャン・カーティス
撮影データ:ニコンFM2、35ミリ。絞りF2.0、15秒。コダックISO 800






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について