ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE


2001



1月号
2月号
3月号
4月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号
11月号
12月号


2001

LINE

2001年5月号 第7巻第5号 通巻No.74

LINE

表紙

40
マルコ・ポーロの大冒険
1271年、イタリアのベネチアから中国・元朝の都をめざして、父と叔父とともに旅立った当時17歳のマルコ・ポーロ。3年半、1万2000キロに及ぶ旅の途中、一行は盗賊団に襲われ、氾濫する川や砂嵐など様々な苦難に遭遇する。マルコ・ポーロの『東方見聞録』に記された、偉大な冒険の足跡をたどる、3回連載企画の第一弾。
文=マイク・エドワーズ 写真=マイケル・ヤマシタ
黄金の島ジパング伝説
マルコ・ポーロが『東方見聞録』に記した、“黄金の島ジパング”。実際に日本を訪れていないポーロは、どこからその話を聞いたのか。

74
密林の王者ジャガー
中南米では最強のネコ科動物ジャガー。70年代半ばにその毛皮の取引は禁止されたが、生息地は狭まる一方で、正確な生息数も不明。保護活動家たちは今、密林の奥地に分断されたジャガーの生息地をつなげ、繁殖地を広げる運動を展開している。
文=ダグラス・H・チャドウィック 写真=スティーブ・ウィンター

94
黒海からよみがえった古代の謎
生物の存在も許さない、無酸素状態の黒海の深海底。タイタニック号の発見で知られる海洋探検家バラードは、ここで古代の沈没船の残がいと、淡水性の貝がらを発見し、有史以前に“ノアの洪水”に匹敵するような大洪水が発生したことを突き止めた。
文=ロバート・D・バラード 写真=ランディー・オルソン

112 
メキシコで有毒ガスの洞窟を探検
メキシコ南部の熱帯雨林の地下に広がる洞窟には、有毒な硫化水素ガスが発生する。調査隊はこの危険な地底の迷宮に足を踏み入れ、小魚やコウモリなどの生物を発見する。こうした生物は、危険なガスにどう適応して生き延びているのだろう。
文=ジョン・L・エリオット 写真=スティーブン・アルバレス

128
太古の空を支配した翼竜
脊椎動物のなかで初めて空を飛んだ翼竜は、絶滅するまで1億5000万年もの間、地球の大空に君臨した。翼竜はどのような進化をとげて空を飛ぶようになったのか。ヨーロッパや北アメリカで発見された化石から、その謎を解明する。
文=リチャード・モナスタスキー
写真=ジョナサン・ブレア 画=ジョン・シビック

148
姿を消すカエル
世界各地で最近、カエルたちが姿を消しつつある。2億年前から地球に生息してきたこの両生類が減っている一因は、生息地の減少だ。空気と水、そして土にじかに接して生きるカエルは、地球の生態系の番人なのだが。
文=バージニア・モレル 写真=ジョージ・グロール


コラムI
10
地球新発見
宇宙の賞金レース
19
日本新発見
皇居の自然を調査
24
列島探訪
西表島のマングローブ
28
読者フォーラム
カエル研究に50年
37
日本の百年
京都・葵祭
38
地球の環境
新しい車と住宅

コラムII
168 
取材現場から
恐竜に囲まれて
171
最後の一枚
カエルの父親の務め

表紙 イタリアのジェノバに残るマルコ・ポーロのモザイク画。博識な探検家としてポーロは描かれている。
写真=マイケル・ヤマシタ






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について