ナショナル ジオグラフィック日本版 年間購読申込





$B%J%7%g%J%k(B $B%8%*%0%i%U%#%C%/F|K\HG(B

LINE
バックナンバー
バックナンバーTOPへ戻る
space
space
LINE


2000



1月号
2月号
3月号
4月号
5月号
6月号
7月号
8月号
9月号
10月号
11月号
12月号


2000

LINE

2000年12月号 第6巻第12号 通巻No.69

LINE

表紙

40
青ナイル探検 800キロの川下りに挑む
エチオピアの山岳地帯に源流部をもち、やがてナイル川本流となる伝説の川青ナイル。流域に暮らす人々が、愛し敬うと同時に、恐れを抱いてきたこの大河を、800キロ余りに渡って一気に下る、史上初の冒険に挑んだ調査隊は一体、何をみただろうか。
文=バージニア・モレル 写真=ネバダ・ウィアー

68
ホッキョクグマ 母と子供たちの旅立ち
極北の地に春が訪れると、ホッキョクグマの母親はやっと巣穴から出られるようになった子グマたちを引き連れて、カナダ・ハドソン湾の岸辺へと旅に出る。無心に遊び、乳を飲む子グマと、冷たい風や危険から子供たちを守る母親の微笑ましい姿を追った。
文・写真=ノアバート・ロージング

78
人類の起源 米大陸へ初めて渡った人類
人類はいつ頃、どのようなルートでアメリカ大陸へ渡ったのだろうか。1万4000年程前にシベリアから、当時陸続きだった“ベーリング陸橋”を通ってアラスカに到達したという定説が今、揺らいでいる。人類は、海岸伝いに南下した、大西洋を船で渡ったなどの新説も登場し、考古学者の間で議論を呼んでいる。
文=マイケル・パーフィット 写真=ケネス・ギャレット
付録地図:南北アメリカ大陸と人類の足跡
最新の南北アメリカ大陸全図と、この大陸へ初めて移住した人類の足跡をみる。

106 
ニュージーランド フィヨルドランド国立公園
氷河に削り取られた陸地が、タスマン海と複雑に入り組み、見事な景観を生みだしているニュージーランド最大の国立公園フィヨルドランド。世界遺産にも登録されたこの国立公園には、全長500キロにも及ぶハイキング道が設けられ、変化に満ちた素晴しい大自然の姿を見せてくれる。
文=ケネディ・ウォーン 写真=アニー・グリフィス・ベルト

124 
中国西部 奇岩のアーチに初登頂
中国の西部タクラマカン砂漠を越えた辺りにそびえ立つ、とてつもなく巨大なアーチ状の奇岩。1940年代にこの岩山に何度も挑み、登頂に失敗した英国の外交官で登山家エリック・シップトンの足跡をたどった筆者ら5人の冒険家は、今なおベールに包まれたこの奇岩の山への初登頂に成功した。
文=ジェレミー・シュミット 写真=ゴードン・ウィルツィー

140 
ナショジオが見た20世紀の日本
20世紀の初頭から繰り返し日本を訪れ、その姿を克明に世界に紹介してきたナショナル ジオグラフィック誌。資料として残された膨大な写真の中から、今回は20世紀の初めから第二次大戦までの街角の光景や女性たちのなつかしい姿を紹介。この100年、私たちの日本はどのように変わっただろうか。
文=長坂邦宏



コラムI
10
地球新発見
アカウミガメの旅
21
日本新発見
賢いカッコウの卵
24
列島探訪
静岡県・柿田川
30
読者フォーラム
チョウの研究65年

コラム
154 
取材現場から
青ナイル探検
161 
最後の一枚
子グマの春
163 
2000年総目次

表紙 まどろむホッキョクグマの子供。この日の午後、この子グマは、鎮静剤を打たれて眠る母親のそばで研究者たちを悩ませていた。
写真=ノアバート・ロージング






本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)National Geographic Society. All rights reserved.
(c)Nikkei National Geographic Inc. All rights reserved.

サイトマップ 著作権/リンク許可
広告出稿のご案内 会社案内
「特定商取引に関する法律」に基づく表示
個人情報保護方針 ネットにおける情報収集
個人情報の共同利用について