Photograph by Chris McLennan

広西チワン族自治区、桂林市の興坪に近い漓江(りこう)の漁師は鵜を使って魚を獲る。大きな魚を呑みこまないための輪を首に付けられた鵜が、明かりに誘われて近づいた魚を捕えて小舟に運ぶ。家族が食べる分を獲り終えると輪は外され、鵜も餌にありつく。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る