Photograph by Sam Abell

アメリカ、ニューヨーク州北部のアディロンダック山地にあるミンク池(Mink Pond)。早朝から釣り人がロッド(釣り竿)を振り、フライラインで朝靄をかき分けている。19世紀のアメリカを代表する画家、ウィンスロー・ホーマーもこの地を何度も訪れ、マス釣りを楽しむ傍ら100点の水彩画を残している。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る