Photograph by Carolyn Drake

今日もカシュガル旧市街の一角が取り壊しによって姿を消していく。ウイグルの暮らしの中心となってきた、歴史のあるオアシスの街である。古い泥レンガの建物は危険だという理由を盾に、当局は高層ビルの敷地作りに余念がない。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る