Photograph by Martin Schoeller

仕留めた肉を持って野営地に戻ればラインダンスのひとつも始まるだろうが、ハドザ族は儀式のためなら深夜でも踊るし、楽しければいつでも踊るのである。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る