Photograph by Randy Olson

岩彩で体を飾ったカラ族の長老が黄昏のオモ川を見下ろしている。かつては川の両側の土地をカラ族が支配していたが、その後、敵の部族が徐々に領地に侵入してきた。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る