ゴリラの母と子

Photograph by Michael Nichols

 ルワンダの火山国立公園で、生まれたばかりのマウンテンゴリラが母親の腕の中で守られている。雌のマウンテンゴリラは約4年ごとに1頭の子を産む。生まれた後には生存の厳しさが待っている。研究によれば、約3分の1の赤ん坊が生き残れないという。