木に登るマウンテンゴリラ

Photograph by Michael Nichols

 絶滅寸前のマウンテンゴリラが直面している多くの脅威の中で、生息域の減少が最も差し迫った問題の一つである。ヴィルンガの木々は、木炭を生産するために頻繁に伐採されている。写真では、若いマウンテンゴリラがコンゴ民主共和国の木の上から見える景色を楽しんでいる。