米国大統領の専用機、エアフォース・ワン。最高機密のベールに包まれた「空飛ぶホワイトハウス」にカメラが入った。ボーイング747型機を改造した同機は、高級ホテルのような豪華な雰囲気がある一方、緊急時には大統領を守る強固な要塞になる。
エアフォース・ワンはアメリカ近代史の目撃者だ。第二次世界大戦中、フランクリン・ルーズベルト大統領が極秘にカサブランカに飛行したことから始まり、暗殺されたケネディ大統領の遺体を運び、ウォーターゲート事件で追い込まれたニクソン大統領は専用機の上で辞職の時を迎えた。
専用機内部の取材を敢行し、世界で最もパワフルな航空機の実像に迫るとともに、カーターやクリントンといった歴代大統領の証言を通じて、その重要な役割を明らかにしていく。

チャプターリスト(抜粋)
格納庫の中で/大統領を運ぶベテラン機長/専用機の歴史/出発前の機内/離陸準備完了/空飛ぶホワイトハウス/JFKの遺体を載せて/到着を待つ巨大空港/惜別のフライト/引き継がれる専用機


★こちらもオススメです。
『DVD シークレットサービス』はこちら
『DVD インサイド ペンタゴン』はこちら
『DVD インサイド FBI』はこちら
『DVD エリア51の真実』はこちら


ダイジェストを見る