本書の内容

・風景写真家として人気の高い竹内敏信氏が監修。巻頭に四季の代表作とメッセージ。さらにコンテスト写真の中からイチオシを選んで、個別にコメントを掲載。
・コンテスト写真のすべてに撮影地と撮影データを掲載。
・平嶋彰彦氏(元・毎日新聞写真部長)、板見浩史氏(元・『日本フォトコン』編集長)が写真の見どころをコメント
・各章の章末には、季節に合わせた被写体の撮り方を、第一線で活躍する風景写真家が解説
・掲載する写真の点数は200点以上、それぞれをひとつの作品として眺めても楽しめます。

主な内容

・日本の四季 竹内敏信氏の写真と文
・春を撮る 春の被写体の撮影テクニック(桜)
・夏を撮る 夏の被写体の撮影テクニック(水)
・秋を撮る 秋の被写体の撮影テクニック(紅葉)
・冬を撮る 冬の被写体の撮影テクニック(雪景色)
・富士山を撮る 富士山の被写体の撮影テクニック