イスカリオテのユダ。銀貨30枚で師イエスを裏切ったこの男は、古くから忌み嫌われてきた。だが歴史はユダをめぐって別の物語があったことを伝えている。ナショナル ジオグラフィック協会の支援でこのほど修復・解読された『ユダの福音書』によれば、ユダは裏切り者ではなく、イエスが深く信頼していた使徒だったという。

正統派の教義とは相容れないこの『ユダの福音書』は“異端”の烙印を押され、歴史から葬り去られた。しかし1700年後、失われたはずのこの福音書のコプト語写本がエジプトの砂漠で見つかった。この写本はそこから人々の思惑に翻弄され、数奇な運命をたどった末に、朽ち果てそうになる。

本書は、この『ユダの福音書』が、消失の危機からよみがえり、苦心の修復・解読を経て、その驚くべき内容が明らかになるまでの、入念な取材でたどった渾身のノンフィクションである。