壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イワシクジラの頭骨、チリ

チリ沿岸部では内陸の氷原が島々やフィヨルドに変化して迷路のような様相を呈している。珍しく穏やかなある日、バイロン島の海辺の小川にイワシクジラの頭骨が次の嵐を待つように残されていた。
Photograph by Maria Stenzel

壁紙一覧へ

ダウンロード

ナショジオクイズ

Q:タイタニックの発見者として知られる海洋学者ロバート・バラードのもう一つの重要な深海の発見といえば、次のうちどれでしょう。

  • シーラカンス
  • 熱水噴出孔
  • 戦艦「武蔵」

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ