壁紙

イリオモテミノウミウシ

体長4センチ強で半透明のイリオモテミノウミウシ。無色の裸鰓類(らさいるい)はあまり例がなく、触手のような突起の中に枝分かれした消化腺が透けて見えている。エサにするのは細長いヤギ類のサンゴだけ。敵に襲われたときには、この突起を捨てて逃げるという。
Photograph by Jennifer Hayes

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • シエラネバダ 3 「点描画のような風景」
  • 田植えに向かう母子、マレーシア
  • 世界最大の砂島(オーストラリア・フレーザー島)
  • 滝を懸垂下降
  • 鳥を装う猟師、パキスタン
  • 5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)
  • ヒグマの昼寝、アラスカ州
  • シエラネバダ 2 「アンセルアダムス原生地域」
  • エベレストの日の出