壁紙

グレート・コバック砂丘、アラスカ州

日没を迎えたアラスカ北西部のグレート・コバック砂丘。約1万年前の最終氷河期、人類はこの地を通って北米大陸に進出したと考えられている。

米ナショナルジオグラフィック刊『Hidden Alaska』より)
Photograph by Michael Melford, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 高さ数百メートルの岩壁で宙吊り(南極)
  • 毛虫、ボルネオ島
  • 恐竜のような爪をもつヒクイドリの足
  • 世界最古の熱帯雨林(オーストラリア)
  • 雪の砂丘を移動する隊員たち
  • 水たまりで求愛するヒクイドリ
  • 疾走するヒクイドリのヒナ
  • 玄関先を通り過ぎる2羽のヒクイドリ
  • 好物の青い果実を食べるヒクイドリ