壁紙

セイウチの頭骨、ブリストル湾

野草生い茂る海沿いの丘にセイウチの頭骨が1つ。アラスカ州、ブリストル湾北部のワルラス諸島(Walrus Islands、その名も“セイウチ”諸島)には、毎年春になると数千頭のセイウチが戻ってくる。エサと休息が目当てだが、ここで命を落とす個体もいる。

米ナショナルジオグラフィック刊『Hidden Alaska』より)
Photograph by Michael Melford, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 先史時代のような風景 (オーストラリア・タスマニア島)
  • 食物の消化や栄養の吸収を助ける腸内細菌
  • ブリザードのなか、氷を取りに行く隊員たち (100年前の南極探検)
  • シマウマの後ろ蹴り、ケニア
  • コジャテペ・モスク、トルコ
  • 水場に集まったカラフルなインコの群れ (エクアドル・ヤスニ国立公園)
  • アフリカゾウとコウヨウチョウ
  • 湖の水紋
  • 夜の青森港