壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セイウチの頭骨、ブリストル湾

野草生い茂る海沿いの丘にセイウチの頭骨が1つ。アラスカ州、ブリストル湾北部のワルラス諸島(Walrus Islands、その名も“セイウチ”諸島)には、毎年春になると数千頭のセイウチが戻ってくる。エサと休息が目当てだが、ここで命を落とす個体もいる。

米ナショナルジオグラフィック刊『Hidden Alaska』より)
Photograph by Michael Melford, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ