壁紙

熱気球、ニューメキシコ州

蝶の羽のようにカラフルな熱気球の球皮(エンベロープ)。アメリカ、ニューメキシコ州の毎年恒例、アルバカーキ国際気球フェスティバルで撮影。気球目当ての来場者が黒いシルエットで写っている。2010年大会には国内39州、海外17カ国から500チームが参加した。

米ナショナルジオグラフィック刊『Visions of Earth』より)
Photograph by Bruce Dale, National Geographic

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ヒトデの上をはうタラバガニ
  • 寒い地にしっかりと根を下ろして生きるジャイアントセコイア
  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ
  • バイカル湖から突き出す、精霊のすむ岩
  • 牛のげっぷに含まれるメタンガスは?
  • インカの壁を見つめる女性(ペルー、クスコ)
  • 知床半島で流氷の天井につかまるカメラマン
  • 極楽鳥2:最長50センチ!触角のような飾り羽をもつフキナガシフウチョウ