壁紙

ナスカの地上絵、ペルー

南ペルーの沿岸地帯にある砂漠の大地に刻まれたクモ、サル、奇妙な空飛ぶ動物などの巨大な絵は、1920年代に発見されて以来、空を旅する者たちを魅了してきた。2000年以上も昔から古代の人々がこれらの絵を作成した理由は、現在では解明されたと考えられている。
Photograph by Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • シカ、奈良
  • シマウマ、タンザニア
  • ヤモリとヤシの葉
  • キリン、メキシコ
  • クマの雄同士が取っ組み合い
  • ゾウ、ケニア
  • アウストラロピテクス・セディバの少年の頭骨
  • カイマンとカメ、グアテマラ
  • 群れるトド