壁紙

ナスカの地上絵、ペルー

南ペルーの沿岸地帯にある砂漠の大地に刻まれたクモ、サル、奇妙な空飛ぶ動物などの巨大な絵は、1920年代に発見されて以来、空を旅する者たちを魅了してきた。2000年以上も昔から古代の人々がこれらの絵を作成した理由は、現在では解明されたと考えられている。
Photograph by Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 巨大な氷山
  • 人気者のキンシコウ
  • 優雅に泳ぐ双子のホッキョクグマ
  • ヒメウミスズメ、スバールバル諸島
  • 氷上を遠望する探検家ロバート・ピアリ
  • 高さ数百メートルの岩壁で宙吊り(南極)
  • 毛虫、ボルネオ島
  • 恐竜のような爪をもつヒクイドリの足
  • 世界最古の熱帯雨林(オーストラリア)