壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナスカの地上絵、ペルー

南ペルーの沿岸地帯にある砂漠の大地に刻まれたクモ、サル、奇妙な空飛ぶ動物などの巨大な絵は、1920年代に発見されて以来、空を旅する者たちを魅了してきた。2000年以上も昔から古代の人々がこれらの絵を作成した理由は、現在では解明されたと考えられている。
Photograph by Robert Clark

壁紙一覧へ

ダウンロード

ナショジオクイズ

写真は浮遊性のホンダワラ属の海藻、サルガッサムですが、この名前の由来となった果実は何でしょう。

  • ブドウ
  • サクランボ
  • ザクロ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ