壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハマクマノミ

胚が死んだ卵を捨てて、成長途上の卵畑を手入れする庭師のようなオスのハマクマノミ(Amphiprion frenatus)。胚が死んだ卵は掬(すく)い捨て、残った卵を胸ビレで仰いで酸素を送りこむ。
Photograph by David Doubilet

壁紙一覧へ

ダウンロード

ナショジオクイズ

現在の歯ブラシの原型が登場したのは15世紀末の中国。当時、ブラシの部分に用いていたのはどの動物の剛毛?

  • ブタ
  • パンダ
  • ハリネズミ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ