壁紙

羽を休める蝶、ボリビア

マディディ国立公園のヤシの木は、日当たりの良い場所を探し歩くと言われる。確かに右のヤシを見ると、幹を支える根がまるで足のようだ。最適な背丈まで一気に成長できるよう頑丈な根を張る必要があるからだろう。また、日陰側の根がしばらくすると枯れてしまう点も、日なたを求めて移動するように見える理由かもしれない。
Photograph by Joel Sartore

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ
  • バイカル湖から突き出す、精霊のすむ岩
  • 牛のげっぷに含まれるメタンガスは?
  • インカの壁を見つめる女性(ペルー、クスコ)
  • 知床半島で流氷の天井につかまるカメラマン
  • 極楽鳥2:最長50センチ!触角のような飾り羽をもつフキナガシフウチョウ
  • 精霊が降りてくるための目印「オボー」(モンゴル)
  • 霧に包まれる巨大セコイア「シャーマン将軍の木」