壁紙

夕暮れのチコハイイロギツネ

夕闇迫るチリ、トーレス・デル・パイネ国立公園で、チコハイイロギツネが大あくび。チャールズ・ダーウィンは著書『ビーグル号航海記』で、同属のダーウィンギツネを初めて見つけたときのことを記している。「私は後ろから静かに近づき、地質調査用のハンマーで頭を殴った。同種のキツネより好奇心が強く、動きも良いが、あまり賢くなかったようだ。今は動物学協会の博物館で展示品になっている」。
Photograph by Mattias Klum

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • カメルーンに生息する毒ヘビ ジェイムソンマンバ
  • 朝日に照らされるキャニオンランズ国立公園 (米国ユタ州)
  • ザクセンの朝焼け、ドイツ
  • ツアー・ガイド、ベトナム
  • チーターの親子
  • 14才、次のステージへ!
  • 生後数日の新生児の口の中にすみついた細菌
  • 更新世に生息した大ヘビの骨格
  • カッパドキア、トルコ