壁紙

夕暮れのチコハイイロギツネ

夕闇迫るチリ、トーレス・デル・パイネ国立公園で、チコハイイロギツネが大あくび。チャールズ・ダーウィンは著書『ビーグル号航海記』で、同属のダーウィンギツネを初めて見つけたときのことを記している。「私は後ろから静かに近づき、地質調査用のハンマーで頭を殴った。同種のキツネより好奇心が強く、動きも良いが、あまり賢くなかったようだ。今は動物学協会の博物館で展示品になっている」。
Photograph by Mattias Klum

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 温かい水を求めてキングス湾に集まるマナティー
  • オオカバマダラ
  • 市場へ運ばれるマンモスの牙(シベリア)
  • 立ち入り禁止区域にあるセントヘレンズ湖
  • デュポン家の子孫が住む1923年建造の大邸宅(米国デラウェア州)
  • マルグ地方自然公園の空を覆い尽くすオオフラミンゴ(フランス・プロバンス)
  • アリゲーターの親子、テキサス州
  • 四川省の山に広がるリータン寺をめざすチベット仏教の僧侶
  • ゴリラ、ルワンダ