壁紙

夕暮れのチコハイイロギツネ

夕闇迫るチリ、トーレス・デル・パイネ国立公園で、チコハイイロギツネが大あくび。チャールズ・ダーウィンは著書『ビーグル号航海記』で、同属のダーウィンギツネを初めて見つけたときのことを記している。「私は後ろから静かに近づき、地質調査用のハンマーで頭を殴った。同種のキツネより好奇心が強く、動きも良いが、あまり賢くなかったようだ。今は動物学協会の博物館で展示品になっている」。
Photograph by Mattias Klum

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • スイホウガン、アメリカ
  • 草を食むバイソン、オクラホマ州
  • 夜の漁師たち、ミクロネシア
  • 樹上のライオン、ザンビア
  • サウジアラビア、ダーランの製油所
  • フィジー、ビティ・レブ島の火渡りの儀式
  • マンドリルの子ども、中部アフリカ
  • 身を隠すアマエビ、フロリダ州
  • 田園と城、アイルランド