壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夕暮れのチコハイイロギツネ

夕闇迫るチリ、トーレス・デル・パイネ国立公園で、チコハイイロギツネが大あくび。チャールズ・ダーウィンは著書『ビーグル号航海記』で、同属のダーウィンギツネを初めて見つけたときのことを記している。「私は後ろから静かに近づき、地質調査用のハンマーで頭を殴った。同種のキツネより好奇心が強く、動きも良いが、あまり賢くなかったようだ。今は動物学協会の博物館で展示品になっている」。
Photograph by Mattias Klum

壁紙一覧へ

ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ