壁紙

アラバ岬、ワシントン州

アラバ岬は、ハワイとアラスカを除いたアメリカ本土で最西端に位置する。アメリカインディアンの「マカ族」は、6000年以上前からこの地に定住している。

(写真と文は米National Geographic Traveler 2011写真コンテストへの応募作品)
Photograph by Max Wilbert

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 農業に使われる水。淡水の70%を占める
  • 霧の中の木、ドイツ
  • シカ、チェコのシュマバ国立公園
  • モンテ・ペルディード、スペイン
  • 乾燥した草原でよく見かけるセイキチョウ(モザンビーク)
  • ピンク色の壁を背に立つ2羽の鳥(インド・スラト)
  • テスト潜行する「ディープシー・チャレンジャー」
  • フォークとハスの芽でつくられたオブジェ(インド)
  • にらみ合う、2頭の雄のジャコウウシ(ロシア・ウランゲリ島)