壁紙

アラバ岬、ワシントン州

アラバ岬は、ハワイとアラスカを除いたアメリカ本土で最西端に位置する。アメリカインディアンの「マカ族」は、6000年以上前からこの地に定住している。

(写真と文は米National Geographic Traveler 2011写真コンテストへの応募作品)
Photograph by Max Wilbert

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 干ばつで無用の長物となった水深計(ヨルダン)
  • 天津の街を貫く海河(中国)
  • エトナ山から流れ出す溶岩(イタリア・シチリア島)
  • 鶏の糞を肥料に使う農場(米国ペンシルベニア州)
  • アイスランドのホッキョクギツネ
  • 年間4億トンに上る貨物が大運河へと送り出される(中国・江蘇省)
  • 氷に覆われた常緑樹(フィンランド)
  • トウモロコシ畑の赤外線画像(米国アイオワ州)
  • 頂上の400メートル分が吹き飛ばされたセントヘレンズ山(米国ワシントン州)