壁紙

コルマンスコップ、ナミビア

かつてはダイヤモンド鉱山で栄えたこの町も、今はわずかな住民と数軒の木賃宿が残るだけで、ほとんどゴーストタウンと化している。しかし写真家にとっては恰好の被写体が多く、「天国」のような場所だ。この写真などは、窓のわずかな隙間から這うように進入して撮影した。
Photograph by Chris Gray

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 川の流れがつくった「大理石の城」(ノルウェー)
  • 氷河の窓からのぞく山(ノルウェー)
  • クマノミとスズメダイ、イソギンチャク(パプアニューギニア)
  • 外界から隔絶されたフィヨルド(ノルウェー)
  • サンゴの穴とヤドカリ(パプアニューギニア)
  • 水槽に釘付けの少女
  • モレラ、スペイン(1928年)
  • 動物園生まれのリカオン
  • ファッションショー、パリ(1989年)