壁紙

コルマンスコップ、ナミビア

かつてはダイヤモンド鉱山で栄えたこの町も、今はわずかな住民と数軒の木賃宿が残るだけで、ほとんどゴーストタウンと化している。しかし写真家にとっては恰好の被写体が多く、「天国」のような場所だ。この写真などは、窓のわずかな隙間から這うように進入して撮影した。
Photograph by Chris Gray

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • アラバ岬、ワシントン州
  • イベリア半島固有のユリ
  • 華川の夜明け
  • 氷に乗って漂うホッキョクグマ
  • ハイランド牛、スコットランド
  • ダムに沈んだ古代遺跡(ポルトガル)
  • 水面から顔を出したアオウミガメ
  • 一本の木、アーチーズ国立公園
  • シュノーケリング、セントトーマス