壁紙

コルマンスコップ、ナミビア

かつてはダイヤモンド鉱山で栄えたこの町も、今はわずかな住民と数軒の木賃宿が残るだけで、ほとんどゴーストタウンと化している。しかし写真家にとっては恰好の被写体が多く、「天国」のような場所だ。この写真などは、窓のわずかな隙間から這うように進入して撮影した。
Photograph by Chris Gray

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • アスペンの森、コロラド州
  • 最高速に達したコウテイペンギン
  • 仲間で寄り添うコウテイペンギン
  • サケを捕るヒグマ (米国アラスカ州)
  • 夜のスパーク
  • 中米 メソアメリカン・リーフの生きものたち 7 サンゴ礁を泳ぐ魚の群れ
  • 犬のシエスタ、ボリビア
  • 夕闇に包まれるムスタン王国の都市ツァラン (ネパール・ムスタン郡)
  • フラミンゴ、ボリビア