壁紙

コルマンスコップ、ナミビア

かつてはダイヤモンド鉱山で栄えたこの町も、今はわずかな住民と数軒の木賃宿が残るだけで、ほとんどゴーストタウンと化している。しかし写真家にとっては恰好の被写体が多く、「天国」のような場所だ。この写真などは、窓のわずかな隙間から這うように進入して撮影した。
Photograph by Chris Gray

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • トウモロコシ畑の赤外線画像(米国アイオワ州)
  • 頂上の400メートル分が吹き飛ばされたセントヘレンズ山(米国ワシントン州)
  • テリトリーを争う2羽のオジロワシ(ポーランド)
  • 家畜らしからぬ荒々しさを持つカマルグの馬
  • 漂着物などが堆積してできた沿岸州(ロシア・ウランゲリ島)
  • 堆肥とわらをまくアーミッシュの農夫
  • 雌を巡って争うハイイロアザラシの雄(英国ドナヌック)
  • 杭州と北京を結ぶ全長1800キロの京杭(ジンハン)大運河
  • 足跡、ベラルーシ