壁紙

コルマンスコップ、ナミビア

かつてはダイヤモンド鉱山で栄えたこの町も、今はわずかな住民と数軒の木賃宿が残るだけで、ほとんどゴーストタウンと化している。しかし写真家にとっては恰好の被写体が多く、「天国」のような場所だ。この写真などは、窓のわずかな隙間から這うように進入して撮影した。
Photograph by Chris Gray

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 60年代まで入植者が暮らした小屋(モンタナの大地)
  • アファールの絶景4 マグマの蒸気でできた岩山
  • 凍った海の上を進む犬ぞり警備隊(グリーンランド)
  • アファールの絶景3 「バルハン」と呼ばれる砂丘
  • ドバイの摩天楼
  • “ひげ”だらけの魚
  • アファールの絶景2「塩を精製する人々(エチオピア)」
  • タツノオトシゴをかたどった黄金の装飾品(パナマ)
  • ニホンザルのスイミング