壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシア、ボロブドゥール遺跡

インドネシア、ボロブドゥール遺跡上層の円形壇には、温和な表情をたたえた仏像と釣り鐘状のストゥーパ(ブロックが格子状に積み上げられた供養塔)が安置されている。はるか遠くでは、ムラピ山(「火の山」の意)の後ろから夜明けの太陽が顔を出し、火口から絶えず流れる噴煙を照らしていた。
Photograph by Greg Shaw, My Shot

壁紙一覧へ

ダウンロード

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ