壁紙

夜を照らす松明、バハマ

バハマ諸島の東に浮かぶ無人島サマナ島(Samana Cay)。季節限定で訪れる人々が松明を手にカニを捕まえていた。1492年10月12日、航海中のクリストファー・コロンブス一行も新大陸到達時に同じ光を目にしたのかもしれない。コロンブスは、キューバ島上陸前にバハマ諸島の5つの島に立ち寄っている。
Photograph by James L. Stanfield

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • シロガネアジの群れ
  • 南極の活火山 エレバス 4 エレバス山の大噴火口
  • モスクワ郊外の別荘地に立ち並ぶ豪邸
  • インカ帝国のミイラたち
  • 南極の活火山 エレバス 3 エレバス山で最大級の氷塔
  • 海に沈んだモアイ
  • 偉人たちが眠るパリの地下墓地
  • 南極の活火山 エレバス 2 氷と雪のそばで溶岩湖が煮えたぎる
  • 米アラバマ州の沖合に沈む戦車