壁紙

夜を照らす松明、バハマ

バハマ諸島の東に浮かぶ無人島サマナ島(Samana Cay)。季節限定で訪れる人々が松明を手にカニを捕まえていた。1492年10月12日、航海中のクリストファー・コロンブス一行も新大陸到達時に同じ光を目にしたのかもしれない。コロンブスは、キューバ島上陸前にバハマ諸島の5つの島に立ち寄っている。
Photograph by James L. Stanfield

壁紙一覧へ

ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ホルスタインのまだら模様は・・・
  • 摩訶不思議なソコトラ島 5 断崖に根を下ろすアデニウム
  • モラン山、グランド・ティートン国立公園
  • ホー・レイン・フォレスト、オリンピック国立公園
  • うたた寝をするノーウェジアン・レッド種の牛
  • キノコ、オレゴン州
  • ヘルモス天文台と満天の星空(ギリシャ・ペロポネソス半島)
  • 摩訶不思議なソコトラ島 4 古代の火山活動でできたハジヒル山地
  • 釣り上げられたコバンアジの仲間(米国ノースカロライナ州)